■高額療養費制度とは
 
月額の医療費窓口負担が一定額を超えた場合に戻ってくる制度です。
 
@70歳以上の場合(70歳以上の場合、外来だけの上限額も設けてあります)
 

      所 得 区 分
 
 

外来(個人ごと)
  1カ月の負担の上限額
 

現役並み所得者(窓口負担3割の方)

    44,400円

80,100+(医療費-267,000)×1%

     一     般

    12,000円

     44,400円

低所得者
(住民税非課税)

 

U(T以外の方)


    8,000円

 

     24,600円
T(総所得金額ゼロ、年金支給額80万円以下など)
 

     15,000円
 
 
*同じ月の複数の医療機関における自己負担を合算することができます。
 
A70歳未満の場合
1)上位所得者(月収53万円以上の方など) 150,000+(医療費−500,000円)×1%
2)一般 80,100+(医療費−267,000円)×1%
3)低所得者(住民税非課税) 35,400円
 
■さらに負担を軽減する仕組み
 
@世帯合算
・一人の1回分の窓口負担では高額療養費の対象にならなくても、複数の受診や同じ世帯の他の方(同じ医療保険に加入している方限定)の受診について合算できます。
・70才未満の受診については、21,000円以上の自己負担のみ合算。
 
A多数回該当(直近の12ヶ月間にすでに3回以上高額療養費の支給を受けている場合、上限額が引き下がる)
・70歳以上の現役並み所得者→44,400円
・70歳未満の場合、上位所得者は83,400円、一般は44,400円、低所得者24,600円に引き下げ
 
■受領委任払いが可能です。
・各医療保険から所得区分の認定証を発行してもらい、医療機関での窓口支払いを上限額にとどめることができます。
 
■高額医療・高額介護合算療養費制度
・毎年8月から1年間にかかった医療保険と介護保険の自己負担を合計し、基準額を超えた場合にその分を支給する制度です。
 
■医療費控除制度もあります。
 
 
詳しい内容はこちら
 http://www.mhlw.go.jp/bunya/iryouhoken/iryouhoken13/dl/100714a.pdf